リビングに虎!大胆リフォームでこう変わる

大人だからこそできる冒険

施主のYさん(奥)とデザイナーの宮地さん(手前)に、お話を伺いながら居心地の良さを実感する筆者(写真撮影/本美安浩)

今回のリフォーム実例は、“女性施主×女性インテリアデザイナー”によるマンション・リフォーム。お二人ともAge50オーバー、子育てを終えてなお、一線で活躍する元祖キャリアウーマンというタッグ! そんなキャリア主婦ならではの、こだわりやアイデアを拝見に愛知県のお宅に伺った。

ママ友歴23年の“信頼”が実現した、大胆リフォーム

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

Yさん宅は築36年のマンション最上階。ご両親が住まわれていたが、亡くなられて10年経ち、3人のお子様たちも独立されたので、「一戸建ての自宅とは別に、家族や仲間が日常的に集まれるような場所にしたい」と、リフォームに踏み切った。

【画像1】Yさん(左)とインテリアデザイナーの宮地敦子さん(右)は、お互いの息子さんが小学校からのママ友関係。20年来のお付き合いで、好みも熟知(写真撮影/本美安浩)

「リフォームするなら旧知のデザイナー、宮地さんにお願いすると決めていました。

何でも言える仲だし、信頼できる人でないとお任せできないでしょ」

今回リフォームした間取りは、築36年のマンションらしく“和室2間続き+DK”という部分。

【画像2】写真左:手前が2間続きの和室、正面がDKエリア。写真右:廊下部分も全て取り払い、約30畳の大空間LDKに!(写真撮影/本美安浩)
次ページ今回のリフォーム目的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT