「ゴキブリが嫌う家」はココが徹底されていた

わが家で遭遇してしまったらまず何をする?

気に入って住み続けてしまわないよう、日頃の対策が必須です(写真:てまり / PIXTA)
深夜にガサガサとうごめくゴキブリ。なるべくなら遭わずに過ごしたいものですよね。今回は、もしゴキブリと遭ってしまったらどうすべきかを、住まいの専門ライターでゴキブリ駆除に精通している、藤原千秋さんに聞きました。

まずは侵入経路や住みかを徹底捜索

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

「家の中でゴキブリに遭ってしまったら、『殺す』もしくは『追い出して他所へ行ってもらう』しかありません。家の中でゴキブリを見つけたら、新たに繁殖して増えてしまわないためにも、まずその侵入経路や住みかを徹底捜索! ゴキブリの好きな環境をなくしてゴキブリの嫌う家にし、さらに呼び込まないための対策が必要です」と藤原さん。

■遭遇現場No.1はキッチン。揚げ油やビールの空き缶に注意

冷蔵庫やレンジなど、真冬でも家電の排熱で暖かく、ゴキブリにとって年中居心地のいいキッチン。

「生ごみ処理は意識している人も多いようですが、盲点なのは空のビール缶やジュースのペットボトル。ゴキブリは、アルコールや発酵臭が大好物なので寄ってきます。ゴミの日まで、ゴミ袋を密閉しておきましょう」

また、油汚れもゴキブリの大好きな場所なんだとか。

「換気扇の中や調理台の油ハネ、電子レンジの裏の汁やホコリの溜まった場所も、こまめに掃除しておきましょう。調理家電の基盤近くなども注意が必要です」

食べかけのパンやスナック菓子を密封せず放置したり、オイルポットにフタをせず放置したり、食器を洗わずに溜めたりするのはNG。
次ページダニがいる場所にはゴキブリもセットでいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT