医学部受験に専門予備校が必須ではない理由

合否を決めるのは到達点と完成度だけだ

さらに、「医学部の入試に精通している講師・先生が教える」からという建前で、通常の授業料の倍以上(時には数十倍)の高額な授業料を設定しているのが、「医学部専門予備校」や「医系特別コース」の実態だ。医学部の入試に、なんら大きな特異性もないのに、いったい何に精通しているというのだろうか?

医学部専門予備校と普通の予備校に違いがないことは、ご理解頂けたと思う。そのうえでの話だが、どの大学の医学部も、極端に狭き門であることはいうまでもない。他の学部に比べ、格段の受験勉強が必要なことは誰でもわかる。より完璧に、より密度濃く、取りこぼしのない緻密な勉強によって、高い完成度・習熟度が求められている。

医学部だからといった特異性はなくとも、当然、志望大学の過去問を徹底的に分析し、出題傾向に合わせた受験対策が必要になる。

「医学部受験に特化した対策をしています。専門の講師がいます」とうたっている予備校は眉唾物だが、(学部にかかわらない)志望校別の対策は必要になる。それも、他学部とは比較にならない完成度・習熟度が求められる医学部受験だから、生半可な努力では合格できない。

結論からいうと、国公立大学の医学部に合格するためには、センター試験で最低でも85%から90%の正答率が求められることになる。さらにこれは第2章で詳述するが、医学部の偏差値を見ると、60台のところが多い。他の学部に比べると、極端に高い数値とはいえないようだが、実はこれがとんでもない数値なのだ。

医学部受験者は、最低でも全受験生の中の上位10%以内といえる。その医学部受験者の中での偏差値だといえば、ご理解頂けるだろうか? 上位10%の中での偏差値60台ということなのだ。

これは、医学部受験を断念させるつもりで書いているのではなく、命がけで挑戦するにふさわしい学部だということだ。しかも、勉強方法さえ誤らなければ、努力の積み重ねで突破できる、栄光の門でもある。

到達点、完成度だけが医学部の合否を決める

『医学部受験の真実 参考書だけで合格できる最短ルートとは?』(幻冬舎)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

とはいえ、これだけは繰り返し強調しておかなければならない。医学部に合格するということは至難の業なのだ。トップクラスの受験生が、大挙して医学部受験に挑戦する。親が開業医だった場合など、事業の後継者になるための最低必要条件でもあるから、その真剣さ、必死さは他の受験生とは比べられない。

医学部受験だからといって、特別の問題が出る訳ではないが、競争が激しければ激しいほど、すべての科目の完成度が求められ、ケアレスミスや取りこぼしが命取りになる。

先に、「医学部専門予備校」や「医系特別コース」が意味を持たないと書いた。ところが私自身、「武田塾メディカル」なる塾を立ち上げた。
矛盾するようだが、受験する全科目の完成度を高め、ケアレスミスや取りこぼしをなくす学習塾として、「武田塾メディカル」を特化している。
出題問題の難易度という意味ではなく、合格の難易度(困難さ)の高い医学部受験には、徹底して完成度を上げ、すべての弱点を克服するための、特別な指導体制が必要だと思ったからだ。このことは本書の後半で詳述したい。

さらに言うと、別に武田塾メディカルに入る必要はない。この本を読み、武田塾のHPで、勉強方法を身に付けて欲しい。それだけで医学部に合格できる人が数多くいると思う。見せかけの「医学部専門予備校」や「医系特別コース」に振り回されることなく、武田塾方式で、一人でも多くの医学部合格者が出ることを願っている。

幻冬舎plusの関連記事
皆に愛されているか ― 運命について
すきま時間には完結できる仕事をやる
ネット記事を読み捨てで終わらせたくない書籍編集者の性質【電子書籍制作日記】

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング