「愛の値段」という正解のない問題への考え方

あなたはどう計算しますか

そろそろまとめましょう。

ここまで3パターンのロジックで考えてみましたが、どちらにも共通するのはふたつの思考回路が働いたということです。

定義する
比べる

 

数学的な思考回路を持つ人は、例外なく「定義」にこだわります。なぜなら、かつて勉強した数学は、何かを定義しないと始められない学問だったからです。

たとえば、問題文の中に「整数」という言葉があったとすると、その言葉は問題を解く前にどこかで明確に定義されたもののはずです。「整数ってなんだっけ?」な状態では、その問題を解くことは絶対にできません。当たり前といえば、当たり前のことです。

また、数字という言語の最大の特徴は大小があることです。大小があるから、何かと何かを比べることで大きい・小さいといった「差」を明確に表現できます。これもまた、当たり前のことでしょう。でも、その当たり前の特徴をうまく使っているのです。

「定量化」がうまい人が持っている感覚

今回のまとめを表現するとこうなります。

何かを明確に定義しないと、思考は始まらない
何かと何かを比べるから、数字はつくれる

 

一見ムチャクチャなテーマに思われるものの「定量化」でも、このような数学的思考を使えば誰でもできるようになるのです。

数字に強く、なんでも数値化することにチャレンジできる優秀な人は、無意識かもしれませんが、おそらくそのことを知っているのでしょう。

いかがでしたでしょうか。正解のない問題。だからこそ、アタマに心地よい汗をかける問題でもあります。

もしあなたなら、どのようなロジックを組み立てて「愛」の値段を計算しますか? 「プライスレス」という便利な言葉に逃げず、スキマ時間を使ってぜひチャレンジしてみてください。

(文:深沢 真太郎)

幻冬舎plusの関連記事
仕事の量が多いほど、クオリティは上がる
<みんなが見たいのはそのままの松本ハウスだった>『相方は、統合失調症』刊行記念対談 前編
なぜ欠陥問題はなくならないのか

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。