「愛の値段」という正解のない問題への考え方

あなたはどう計算しますか

計れないけど、あえて計ってみるとしたら?(写真:tycoon / PIXTA)

「プライスレス」は禁句

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ビジネススクールの講義などで扱われるテーマに、「愛の値段は、いくら?」というものがあります。

「そりゃプライスレスでしょ!」「お金に換算するなんて、ナンセンスじゃない?」と言いたい人もいるでしょう。もちろん私もそう言いたくなります。
でも、ちょっと待ってください。

実は数字に強い人はこういう難題に対しても次のようなふたつの思考回路が働き、見事に数値化してみせるのです。

定義する
比べる

 

どういうことか、説明していきましょう。

まず、「愛」という概念が極めて曖昧です。具体的に定義しないままいくら考えたって、値段など計算できないのではないでしょうか。

そこで、たとえば「愛」を「誕生日プレゼントの金額」と定義してみましょう。

つまり、愛が大きければ大きいほど、その相手への誕生日プレゼントの金額も大きいと考えます。(実際はそうでないケースもあるかもしれませんが)

次ページ恋人への「愛」の値段は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT