「愛の値段」という正解のない問題への考え方

あなたはどう計算しますか

計れないけど、あえて計ってみるとしたら?(写真:tycoon / PIXTA)

「プライスレス」は禁句

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ビジネススクールの講義などで扱われるテーマに、「愛の値段は、いくら?」というものがあります。

「そりゃプライスレスでしょ!」「お金に換算するなんて、ナンセンスじゃない?」と言いたい人もいるでしょう。もちろん私もそう言いたくなります。
でも、ちょっと待ってください。

実は数字に強い人はこういう難題に対しても次のようなふたつの思考回路が働き、見事に数値化してみせるのです。

定義する
比べる

 

どういうことか、説明していきましょう。

まず、「愛」という概念が極めて曖昧です。具体的に定義しないままいくら考えたって、値段など計算できないのではないでしょうか。

そこで、たとえば「愛」を「誕生日プレゼントの金額」と定義してみましょう。

つまり、愛が大きければ大きいほど、その相手への誕生日プレゼントの金額も大きいと考えます。(実際はそうでないケースもあるかもしれませんが)

次ページ恋人への「愛」の値段は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT