「愛の値段」という正解のない問題への考え方

あなたはどう計算しますか

計れないけど、あえて計ってみるとしたら?(写真:tycoon / PIXTA)

「プライスレス」は禁句

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ビジネススクールの講義などで扱われるテーマに、「愛の値段は、いくら?」というものがあります。

「そりゃプライスレスでしょ!」「お金に換算するなんて、ナンセンスじゃない?」と言いたい人もいるでしょう。もちろん私もそう言いたくなります。
でも、ちょっと待ってください。

実は数字に強い人はこういう難題に対しても次のようなふたつの思考回路が働き、見事に数値化してみせるのです。

定義する
比べる

 

どういうことか、説明していきましょう。

まず、「愛」という概念が極めて曖昧です。具体的に定義しないままいくら考えたって、値段など計算できないのではないでしょうか。

そこで、たとえば「愛」を「誕生日プレゼントの金額」と定義してみましょう。

つまり、愛が大きければ大きいほど、その相手への誕生日プレゼントの金額も大きいと考えます。(実際はそうでないケースもあるかもしれませんが)

次ページ恋人への「愛」の値段は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。