副業の王道、「賃貸住宅経営」に潜む落とし穴

いつ爆発するかわからない時限爆弾だ

甘く考えていると痛い目に遭います(写真:KY / PIXTA(ピクスタ)
株の世界の格言に「卵は一つの籠に盛るな」というのがあります。財産を一つにするといざといういうときに耐えられないということですが、このリスクの分散は財産だけではなく収入源にもいえます。不確実な今の時代、たとえわずかな副収入でもあるのとないのとでは大違い、備えあれば憂いなしです。
サラリーマンにとっての最大のリスクマネジメントは副収入を得られる仕組みをつくること。この連載では『知っている人だけが儲かる コインランドリーの投資のすすめ』より、初心者でもリスクなく始められる投資術をご紹介します。今回は、見た目ほど実は儲かっていない副業について。

副業の王道、アパート・マンション経営の落とし穴

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

アパートや賃貸マンションの家賃収入で優雅な生活、これがつい最近までの副業の主な花形でした。バブルの崩壊までは不動産価値も上がり続け、資産運用と副収入確保が同時にできたのです。特に親から受け継いだ不動産を所有する人たちにとって、相続税対策も兼ねることができたのですから、これほど美味しい商売はありません。

他にも、住宅ローンで分譲マンションを買い、自分はアパートで暮らしながら、所有物件は人に貸して副収入を得るなどということもできました。1軒、また1軒と分譲マンションを買い足し、単身ながら億単位の価値を持つ不動産を所有した女性もいます。誰もが土地神話に疑いを持つことなく、堅実な副業として不動産の所有と運用を考えていたのです。

次ページアパマン経営が儲からない理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT