都心を飛ぶ!羽田離着陸・新計画案を大検証

気になるルートと騒音はどうなる?

新宿、渋谷、恵比寿、六本木、品川、大井町……といった東京都心上空を通過して、旅客機が羽田空港へ着陸する新ルートが検討されていることをご存じだろうか?(写真:井村幸治)

国際線の増便めざし、離着陸ルートの一部変更計画

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

羽田空港への離着陸コースについて、新ルートの検討が始まっている。目的は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催や、訪日外国人観光客の増加による国際線の需要拡大を受け、旅客機の増便を実現するため。現在は騒音問題などを考慮して東京湾上空を通過する離着陸ルートを使用しているが、このうち一部を都心上空通過ルートに変更することで滑走路を効率的に運用し、国際線の増便をはかるという計画だ。

具体的には2つの新ルート案が示されている(下記参照)。

1) 南風時(15時~19時)

現在は浦安市方面を通過してB・D滑走路に着陸しているルートを、東京都心上空を通過してA・C滑走路に着陸するルートに変更する。離陸ではB滑走路を使用し、川崎市上空を通過するルートを新設する。このルートは15時~19時のピーク時のみ使用、その他の時間帯は現在のルートを使用する。

画像を拡大
左は現在の飛行経路。右は新ルート案(2016年5月時点)(出典:国土交通省)
次ページ北風時には
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。