95%を手放す!あるミニマリストの生活

ときめくものまで捨てて、手にいれたもの

ミニマリズムが注目されている今、「物が少なければいい」「物を極限まで減らさないとスッキリ快適にならない」と思い込んでしまう人がいるかもしれません。逆に「私には無理。テレビや蔵書、思い出品まで思い切れない」と感じる人も当然多いことでしょう。

「自分にとって本当に必要な物」

物をどんどん減らせばいいということではなく、一番考えるべきなのは「それがあることで暮らしに支障が生じているか否か」ということ。物が多すぎて自分のハードディスクがぐるぐる状態だったり、スッキリ暮らせていなかったりしたら、「もったいない・高かった」なんて思ったとしても、佐々木さんの思い切りの良さを見習って、一度手放してみるとよいのではないでしょうか。

「仕事も暮らしもうまくいかない、自分を管理できていないと感じたら、物を思い切って減らしてみるといいですよ」(写真:藤本和成)

「物を最小限まで減らしたら、物に対して感謝の気持ちが自然とわき起こるようになりました」と佐々木さんは語ります。数が減って物を意識する機会が増えたことで、便利で快適、心地よく暮らせるのはその物のおかげだということを実感しやすくなるのでしょう。そうして日々感謝の気持ちで過ごすのは、とても幸せなことだと思います。

佐々木さんのようなミニマムな暮らしを実践するのはハードルが高く、誰でもできることではありませんが、「自分にとって本当に必要な物」を一つひとつ見極めて、思い切って少しずつ物を手放していくと、暮らしがスッキリして、物に対する感謝の気持ちまでも持てるようになるのかもしれません。

そんな感謝の境地に至るには、実践あるのみだと強く感じました。

(文:金井直子)

取材協力:佐々木典士さん HP
ミニマリスト。出版社勤務の書籍編集者。HP『Minimal & ism』で物の少ない快適暮らしを公開中

 

SUUMOの関連記事
スッキリ暮らす[1] 1年半かけて汚部屋を卒業、池田暁子さん
スッキリ暮らす[2] 物はなくても何とかなる、門倉多仁亜さん
スッキリ暮らす[4] 小さな家でも「持ちたい物は持つ」、さいとうきいさん

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT