ヴェリタス・インベストメント

不動産投資にこそデザイン性を

市況は顧客にとってますます有利に

たとえば、不動産投資に付きものである入居者募集、退去後の手続き、クレーム対応など一連の管理業務。ヴェリタス・インベストメントではこれらをすべてオーナーに代わって行うことで、顧客に煩雑な手間がかからないようにしている。また「サブリース契約」も同社の特徴の一つ。直接部屋を借り上げ、借り主の代わりに家賃を同社が支払うことで、空室が発生した場合もオーナーは安定的な収益を得ることができる。川田社長によると、「自社物件に関しては100%に近いオーナーがこの仕組みを利用している」と言う。

実は、サブリース契約をすれば、前述した入居率をオーナーはそれほど気にしなくて済む。仮に入居率が下がったとしても、契約時に取り決めた収益を受け取ることができるからだ。だが、入居率の低下は売り上げの減少につながり、それが続けば将来的にはステークホルダーへのシワ寄せも考えられる。だからこそ、同社では高入居率を維持するために立地とデザインには徹底的にこだわっているのだ。

このような会社としての姿勢や取り組みが評判を呼び、新規顧客の中には既存オーナーからの紹介も多い。すでに物件を保有しているオーナーのリピート率は約40%と高く、顧客の平均所有戸数は2.5戸。ヴェリタス・インベストメントに対する顧客の信頼を裏付けている。

将来のためにも安定した資産作りは不可欠。そして、その有力な選択肢として不動産投資がある。豊かな将来を過ごすためにも、信頼と実績のあるパートナーと手を組みたいところだ。

お問い合わせ
ヴェリタス・インベストメント
 0120-177-732
 http://www.veritas-investment.jp/