超スッキリ暮らす人の「一軍・二軍」収納術

家族3人60平米でも快適!

3畳未満という小さな空間は3歳のお子さんの部屋。成長したら、リフォームで隣室との間仕切り壁をずらして部屋を広げる予定(写真:片山貴博)

こうして、お子さんが「片づけは楽しくて簡単にできること」と認識していったおかげで、おもちゃだけでなく、自分のヘルメットやスリッパなども定位置に戻すようになったといいます。

「さらに私をまねて、洗濯物を一緒に畳んでくれたり、ティッシュペーパーがなくなるとストック棚から補充してくれるようにもなりました」と、3歳のお子さんが楽しくお手伝いをしている微笑ましい状況も生んでいます。

「最近は『物をどんどん捨てなくてはいけないのに捨てられない』『物が多いことに罪悪感がある』という人が多く見受けられます。片づけに優先度を上げられない人もいますし、物の処分や片づけが苦手という人も多い。でも、苦手ならほどほどでいいんです。毎日の暮らしがそれほど不便でなければ、つらいのに無理をして物を捨てなくてもいいのではないでしょうか。大切なのは、心地よく暮らすための工夫を『楽しむ』ことです」

そんなさいとうさんのおおらかな言葉を伺って、「何か一つ、物の置き場所を生活動線に合わせて変えてみる。収納をまずは1カ所、8割収納にしてみる。――そんなところから少しずつ始めていけば、工夫することがだんだん楽しくなり、物が多くても心地よい暮らしが手に入るのではないか」と感じました。

(文・金井直子)

取材協力:さいとうきいさん
都心のスモールスペース暮らしを応援するライフオーガナイザー。日本ライフオーガナイザー協会運営のWEBマガジン「片づけ収納ドットコム」編集長。著書に『狭くてもすっきり暮らせるコツ61』『ものが多くてもできるコンパクトな暮らし』がある
 
SUUMOの関連記事
スッキリ暮らす[1] 1年半かけて汚部屋を卒業、池田暁子さん

都心部へのアクセスが超便利、埼玉県「和光市」の魅力
“食洗機 今後も利用したい”は5割以下。その不満点とは?
 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。