「痩せない人」が誤解している筋トレの常識

2週間で手軽にできるという幻想は捨てよ

私は、痩せたいという動機でトレーニングを始めるクライアントに対して、最初に「食事のコントロールができなければ、体重を落とすことは難しい。もし運動だけで体重が落ちたのなら、その人はラッキーなだけです」とはっきり言う。

なぜ胸の筋肉を鍛えることから始めるといいのか?

そして実際のトレーニングにおいては、最初のうちは、痩せるとか食事のことをなるべく口にしない。代わりに「ベンチプレスを強化しましょう」と提案する。

なぜベンチプレスかと言うと、ベンチプレスによって鍛えられる胸部は、他の部位(背中や脚)よりも、効果が出やすいからだ。最初は10キロのバーベルしか持ち上がらなかったのが、1カ月のうちに、20キロ、30キロと、どんどん上がってきて、筋肉がついてきているのが自分でも分かるようになる。

現実問題として、全身の効果を感じられるようになるには時間がかかる。しかし一部でいいから、目に見える効果を感じられると、俄然(がぜん)やる気が出てくる。ここが筋トレで痩せるための最大のポイントである。

効果を実感できさえすれば、トレーナーの方から何も言わなくても、「せっかく筋肉がついてきたのだから、食事も変えてみようかな」とか「生活リズムを整えよう」といったように、クライアントが自ら生活をコントロールするようになる。

このように何か一つが変わると、他の部分もうまく回りだす。メンタルもフィジカルも、相互作用であるのは間違いない。どちらかによいきっかけをつくってあげれば、その両方がよい方向に動き出すものなのだ。

幻冬舎plusの関連記事
ファザーレス──「妻に大切な息子を奪い取られてしまった」
「なるはやで」を英語で言うと…
やせるために油は欠かせない

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。