知られざる「シニア版シェアハウス」のリアル

北欧などでは多いグループリビング

庭が100坪!家庭菜園もあり、気候の良いときには憩いの場になっているそうだ(写真:藤井 繁子)

尊厳のある老後、安心して死ねる住まい

西條さんたちが実践する【自立と共生】によるグループリビングには、自分のできることは自分でする喜びがあり、趣味やイベントで地域の人との交流も積極的にしてるという。独り暮らしより、共同生活の仲間が居れば地域との接点も持ちやすくなるのだ。

ただ、10人弱の高齢者ばかりで要介護になったときはどうなるのか? 実際ここで、亡くなった方は?

「要介護になったらケアマネージャーを中心に病院などとチームを組んで、在宅介護ができるよう対応してもらいます」

『在宅ターミナルケアの記録「地域に生きて住み慣れた家で終わりたい」』と題した冊子には、入居者の方が4年の闘病の末、83歳で亡くなられた記録が克明に綴られていた。

愛犬が待つ家=COCO湘南台での最期を望まれ、その思いを叶えるべく医療・介護チームと仲間が支えられた様子。理想的な最期に思えた。

入居者の方々が残された絵や作品が、あちこちに飾られている(写真:藤井 繁子)
SUUMOの関連記事
50代から考える終の住処[前編] 分譲シニアマンションってどう?
春到来! わが家のゴキブリを徹底的に退治するには?
“食洗機 今後も利用したい”は5割以下。その不満点とは?

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。