広岡達朗氏「プロ野球監督は勉強不足すぎる」

短期間の勝利だけを求めても結果は出ない

――そういうとき、広岡さんは何と言うんですか。

広岡:説明するんです。グローブの値段の話じゃなくて、うまくなる方法を。まず「素手でやりなさい」と言う。土のグラウンドだと、イレギュラーして跳ねたボールが後ろへ行くことがある。昔から私は「守りの基本は正しい構え」と指導してきたけど、高校生には「前に落とすのは上手。後ろに行くのは下手なんだ」と説明している。前に落とす方法を教えるんです。グローブだって、私が作らせたのは安いけど、正確に捕れる要素をすべて取り込んでいるので、プロでも使えるりっぱなものです。

――子供たちは聞きますか。

広岡:そりゃ聞きますよ。彼らは素直です。知らないだけだ。プロでも学生でも、選手に責任はないと私は思う。責任は指導者にある。言葉を変えて分かるように「それはいけないんだよ。こうするんだよ」と教えてやればいいんだ。だから覚せい剤事件を起こした清原(和博)だって、高校からプロ野球に入ってきたときに、「プロ野球とはこういうものだ」と当時の監督がちゃんと教えてやれば、ああはならなかった。

――清原選手のことは、最後まで信じていたファンも大勢いましたし、ショックを受けた人は多かったと思います。

広岡:監督というのは野球を教えるのが仕事だけれども、同時に選手の親から子供を預かっている。その大事な子供たちには、本業の野球だけではなくて、社会としてどこに出ても恥ずかしくない常識を身につけさせなければならい、と私は思う。野球人は野球バカではあるけど、みんな素直で根性は悪くない。教えたら「はいッ」とやるんです。いくら野球がうまくても、現役生活には限りがある。ほとんどの選手が引退後、一般社会に出て第二の人生を送る。そのために必要な常識やしつけをするのも監督の使命でしょう。これは巨人時代、初代オーナーの正力松太郎さんから「巨人軍は紳士たれ」と教え込まれたためかもしれないが。

教える側は、一にも二にも勉強せよ

――広岡さんは監督時代、プロ野球という「大人の集団」に対しても、生活習慣をはじめとする細かな指導をし、〈管理野球〉と言われたことでも有名です。

広岡:西武の監督時代、マスコミには「広岡の管理野球」だの「自然食の生活改善」だのと揶揄(やゆ)されたけれど、選手の健康管理や生活指導は、ヤクルトの監督時代から始めていたことです。当時(1976年)のヤクルトは選手も若く、万年Bクラスの負けぐせがしみついていて、シーズンが終わると選手は、オフのゴルフの相談ばかりしている。立て直すには、負け犬根性を叩き直し、野球漬けで体を鍛え直すしかないと思った。

最初に始めたのは、選手の体づくりです。シーズン終了後の秋季練習で陣頭指揮をとり、ウエートトレーニングや陸上競技の専門家にお願いして指導してもらった。よく「オフには野球を忘れてシーズン中の疲れをとらなくてはいけない」というが、私に言わせれば間違いだ。「オフは休んで英気を養う」というのは、王や長嶋クラスがいうことで、万年Bクラスの若い選手のいうことではない。秋季練習で技術や体を鍛えても、2月のキャンプインまで遊びほうけていたら忘れてしまいます。「このチームには年中無休の野球漬けがベストでマストだ」と決意したあとは、77年の春のキャンプから麻雀、花札、ゴルフを禁止して、酒も練習休みの前日の食事時を除いて原則禁酒。ユニフォーム姿でのタバコも止めさせた。

次ページ指導する側が勉強しなければいけない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。