賃貸で実現!愛車を室内から眺める生活

難しい立地でも大人気

憧れの「ガレージライフ」が賃貸で実現できます(写真撮影:籠島康弘)

好きな車やバイクをリビングから眺めながらくつろぐというガレージライフは、これまで一握りの趣味人に限られていた。しかし最近は賃貸でもそんなライフスタイルが楽しめるようになっているという。果たしてどんな賃貸住宅なのか? 賃貸でガレージハウスをプロデュースしているバリュープランニングと、ユーザーに話を伺った。

お金持ちでなくても車やバイクと一緒に暮らせる

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

「ガレージハウス」といっても、車やバイク好きでなければあまりピンとこないかもしれない。一般的には、家の中にガレージがある形態で、ガレージとリビングの間の壁に大きなガラス窓を備えるなどして、いつでも愛車を眺められるようにしてあるような家のことだ。

【画像1】バリュープランニングの標準的なガレージハウスは1階がガレージ、2階が1DKまたは1R。各戸でガレージの大きさは異なるが、車を1〜2台置けるスペースがある(画像提供:バリュープランニング)
【画像2】2階の1R。標準的なタイプで36m2ほどある(画像提供:バリュープランニング)
次ページ賃貸ガレージハウスのニーズ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。