賃貸で実現!愛車を室内から眺める生活

難しい立地でも大人気

憧れの「ガレージライフ」が賃貸で実現できます(写真撮影:籠島康弘)

好きな車やバイクをリビングから眺めながらくつろぐというガレージライフは、これまで一握りの趣味人に限られていた。しかし最近は賃貸でもそんなライフスタイルが楽しめるようになっているという。果たしてどんな賃貸住宅なのか? 賃貸でガレージハウスをプロデュースしているバリュープランニングと、ユーザーに話を伺った。

お金持ちでなくても車やバイクと一緒に暮らせる

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

「ガレージハウス」といっても、車やバイク好きでなければあまりピンとこないかもしれない。一般的には、家の中にガレージがある形態で、ガレージとリビングの間の壁に大きなガラス窓を備えるなどして、いつでも愛車を眺められるようにしてあるような家のことだ。

【画像1】バリュープランニングの標準的なガレージハウスは1階がガレージ、2階が1DKまたは1R。各戸でガレージの大きさは異なるが、車を1〜2台置けるスペースがある(画像提供:バリュープランニング)
【画像2】2階の1R。標準的なタイプで36m2ほどある(画像提供:バリュープランニング)
次ページ賃貸ガレージハウスのニーズ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT