「おそ松さん」が意外な人気を得た3つの理由

これは古くから変わらない普遍的なテーマだ

「おそ松さん」が爆発的にヒットした理由は何か?(撮影:今井康一)
3月28日(月)の深夜、ツイッターが笑いや悲鳴や衝撃や感激や感謝の言葉で埋め尽くされたのをご存じですか?
そう、アニメ「おそ松さん」の最終回がオンエアされたのです。
このブームにすっかり乗り遅れた、「『おそ松さん』ってそもそも何?」「なんでこんなに人気なの?」という方々のために、注目度急上昇中の社会学者・さにはに先生こと永田夏来さんが、「おそ松さん」人気のホントのところを解説します。

 

2015年10月よりテレビ東京他で放送された深夜アニメ「おそ松さん」がブームとなっています。2016年1月に発売されたブルーレイ&DVD第1巻が発売初週で8万枚を売り上げたほか、各種タイアップや800種類にもおよぶグッズなどが人気となり、その市場規模は70億円にも広がるという試算もあるほどです。

その人気はコアなアニメファンにとどまらず、野球の日本代表「侍ジャパン」とのコラボレーションや、女性向けファッション雑誌『anan』(マガジンハウス)の表紙・巻頭グラビアを飾る(5月11日発売予定の号)など、世代や性別を超えた広がりを見せはじめています。

夜中の1時過ぎに放映されるアニメーション作品が、なぜこれほどの社会現象を引き起こしているのでしょうか。その背景となる作品の魅力について考えてみたいと思います。

コンテンツとして楽しめる6つ子の人間関係

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

原作者である赤塚不二夫の生誕80周年をきっかけに企画された本作は、1960年代に『週刊少年サンデー』で連載された漫画「おそ松くん」のリメイクです。

「おそ松くん」は1960年代と1980年代の二度にわたってアニメーション化されていて、そのたび大きな話題となってきました。人気キャラクターであるイヤミによる「シェー」やエンディングで細川たかしが歌う「おそ松音頭」は広く親しまれており、懐かしい気持ちでこれらを思い出す読者の方も少なくないでしょう。しかし、旧作の印象は今回のブームの全体像をむしろ分かりにくくするので注意が必要です。

次ページ6つ子全員が「無職で童貞」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。