5歳の息子の命を奪った母は何を見たのか

いくら後悔しても、笑顔は二度と戻らない

忠志君の葬儀は、昨年9月下旬に営まれた。原被告は、検察側が求めた精神鑑定のために身柄を拘束されていたが、一時的に解かれ、参列が許された。

弁護側によると、夫はいまも週に2回、拘置所に欠かさず面会に訪れている。

夫と子どもに対して「気のゆるみ、甘え」

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

弁護人「(事件後に)生きていけますか。もし社会に出ることができたら、自分で自分を守っていく覚悟がありますか」

被告「それをしないと忠志の命が……。3人の子どもたちにも顔向けできないと思っています」

最後に検察官が、犯行の原因を問いただした。

検察官「まさか、すべてを睡眠剤のせいにしていないですよね」

被告「気のゆるみ、甘えがあった。主人にも、子どもに対しても。これだけやってあげてるじゃないかと。私が変わらなければいけないと思います」

検察官は9月30日、「重い意識障害の状態だったが、犯行を引き起こしたのはほかならぬ被告自身だ」として、懲役4年を求刑した。

弁護側は「反省している強い気持ちは明らか。家族らは一日も早い被告の帰りを待っている」と、執行猶予を求めた。

判決は10月3日に言い渡される。

*追記 東京地裁は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡し、確定した。

(文:佐々木隆広/朝日新聞記者) 

幻冬舎plusの関連記事
時計や靴で上質な男に見せる必要はない。
変態だけが好きなことを仕事にできる
残業も離職率も聞いてよし!若者雇用促進法の使い方とは

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。