5歳の息子の命を奪った母は何を見たのか

いくら後悔しても、笑顔は二度と戻らない

忠志君の葬儀は、昨年9月下旬に営まれた。原被告は、検察側が求めた精神鑑定のために身柄を拘束されていたが、一時的に解かれ、参列が許された。

弁護側によると、夫はいまも週に2回、拘置所に欠かさず面会に訪れている。

夫と子どもに対して「気のゆるみ、甘え」

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

弁護人「(事件後に)生きていけますか。もし社会に出ることができたら、自分で自分を守っていく覚悟がありますか」

被告「それをしないと忠志の命が……。3人の子どもたちにも顔向けできないと思っています」

最後に検察官が、犯行の原因を問いただした。

検察官「まさか、すべてを睡眠剤のせいにしていないですよね」

被告「気のゆるみ、甘えがあった。主人にも、子どもに対しても。これだけやってあげてるじゃないかと。私が変わらなければいけないと思います」

検察官は9月30日、「重い意識障害の状態だったが、犯行を引き起こしたのはほかならぬ被告自身だ」として、懲役4年を求刑した。

弁護側は「反省している強い気持ちは明らか。家族らは一日も早い被告の帰りを待っている」と、執行猶予を求めた。

判決は10月3日に言い渡される。

*追記 東京地裁は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡し、確定した。

(文:佐々木隆広/朝日新聞記者) 

幻冬舎plusの関連記事
時計や靴で上質な男に見せる必要はない。
変態だけが好きなことを仕事にできる
残業も離職率も聞いてよし!若者雇用促進法の使い方とは

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。