5歳の息子の命を奪った母は何を見たのか

いくら後悔しても、笑顔は二度と戻らない

昨年(2012年)9月1日。土曜の夜だった。子どもたちが、遊んだおもちゃを片づけない。原被告はしかった。家庭用ゲーム機「ニンテンドーDS」などを取り上げて、ごみ袋に入れた。

「息をするのと、DSやるの、どっちがいい?」

明日は日曜だから、ゆっくりと眠りたい。そう考えていた原被告は、午前0時ごろ、睡眠剤1錠と焼酎の水割りを1杯飲んだ。朝までに二度、目が覚め、そのたびに睡眠剤を重ねて飲んだ。起きたのは、翌2日の午前11時ごろだった。

三男の忠志君は、もう起きていた。「おかあ、DS」。そう口にした忠志君に、怒りと情けなさがこみ上げてきた。「思いが伝わってない」

忠志君は、保育園に通う活発な男の子だった。我を通す性格で、原被告はかわいがりつつも、普段からしつけに悩んでいた。

「やりたいことだけをやって生活することはできない。そのことを伝えたい」と原被告は考えた。

「息をするのと、DSやるの、どっちがいい?」

忠志君にただした。

生きるうえで、息をすることは不可欠。遊ぶことよりも大切なはずだ――。そんな考えが頭をめぐり、こんな問いが口を突いて出たのだという。

だが、忠志君は答えた。

「DSするほうがいい」

原被告は、忠志君の手足をビニールひもで縛ったうえ、目や口に粘着テープを貼った。そして、ごみ袋を、頭からと足から、2枚かぶせて、粘着テープでつなぎあわせた。

「謝れば、すべて取るつもりだった」。しかし、昨夜から服用した計3錠の睡眠剤が効き、再び眠ってしまった。

午後0時15分ごろ、夫が異変に気づいた。忠志君をごみ袋から出したが、意識はない。119番通報。眠っていた原被告は、夫に突き飛ばされて、やっと目を覚ました。

3日後、忠志君は低酸素脳症で死亡した。

なぜ、睡眠剤を飲むようになったのか。

原被告は税理士の資格を持ち、夫が経営する会社で事務を担当していた。

その夫が昨年5月、精神面で調子を崩した。原被告も、仕事や子育てで疲れを感じるようになっていた。寝付きが悪くなり、夫に処方されていた睡眠剤を、勝手に飲み出した。

次ページ忠志君への思いを質問されるたび、涙する被告人
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。