恵比寿が浮上!最新・住みたい街ランキング

ついに吉祥寺が首位陥落

利便性が高く都心に近いのに、住宅価格や家賃が安い街も躍進した(写真:ジャバ / PIXTA)
リクルート住まいカンパニーでは、 関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している20歳~49歳の3996人を対象に実施した「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」を発表した。今年は5年連続1位の王者「吉祥寺」が2位に陥落するという波乱が起きた。注目のポイントを見ていこう。
【今週の住活トピック】
『2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版』を発表/リクルート住まいカンパニー

5年連続1位だった吉祥寺を抜き、1位は「恵比寿」!

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

結論から言うと、「吉祥寺」を抜いて首位に躍り出たのは、昨年まで3年連続2位の「恵比寿」だ。恵比寿が昨年から大きく得点を伸ばし、最強2トップの順位が入れ替わった。

たしかに恵比寿は、話題となる有名店が数多く出店しており、メディアの露出も多い。2016年春にはアトレ恵比寿の新館となる「アトレ恵比寿西館」がオープン予定で、ますます立ち寄るのが楽しくなりそうだ。利便性と街の成熟度が加わって、人気が高いということだろう。

むしろ今年のランキングで注目したいのは、大きく躍進した街が多いことだ。自由が丘、武蔵小杉、東京、二子玉川がその代表例だ。

男女別で街の評価が分かれ、プレスリリースのフリーコメントから、男性は利便性や資産価値を重視する傾向があり、女性は治安の良い適度な規模のオシャレな街を重視する傾向が読み取れる。今年はその傾向が強く表れ、全体ランキングにも大きく影響したと思われる。

次ページ今年のランキングで大きく躍進した街
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT