恵比寿が浮上!最新・住みたい街ランキング

ついに吉祥寺が首位陥落

利便性が高く都心に近いのに、住宅価格や家賃が安い街も躍進した(写真:ジャバ / PIXTA)
リクルート住まいカンパニーでは、 関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している20歳~49歳の3996人を対象に実施した「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」を発表した。今年は5年連続1位の王者「吉祥寺」が2位に陥落するという波乱が起きた。注目のポイントを見ていこう。
【今週の住活トピック】
『2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版』を発表/リクルート住まいカンパニー

5年連続1位だった吉祥寺を抜き、1位は「恵比寿」!

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

結論から言うと、「吉祥寺」を抜いて首位に躍り出たのは、昨年まで3年連続2位の「恵比寿」だ。恵比寿が昨年から大きく得点を伸ばし、最強2トップの順位が入れ替わった。

たしかに恵比寿は、話題となる有名店が数多く出店しており、メディアの露出も多い。2016年春にはアトレ恵比寿の新館となる「アトレ恵比寿西館」がオープン予定で、ますます立ち寄るのが楽しくなりそうだ。利便性と街の成熟度が加わって、人気が高いということだろう。

むしろ今年のランキングで注目したいのは、大きく躍進した街が多いことだ。自由が丘、武蔵小杉、東京、二子玉川がその代表例だ。

男女別で街の評価が分かれ、プレスリリースのフリーコメントから、男性は利便性や資産価値を重視する傾向があり、女性は治安の良い適度な規模のオシャレな街を重視する傾向が読み取れる。今年はその傾向が強く表れ、全体ランキングにも大きく影響したと思われる。

次ページ今年のランキングで大きく躍進した街
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT