「3月に離婚が多い」のはいったいなぜなのか

夫婦問題研究家に聞いてみた

さらに、4月は新学期や新生活がはじまるので、遅くとも3月には離婚届を出したいという思いで、離婚に向けて準備を進める“離活”をする人が多いのかもしれないと岡野さんは指摘します。

「住居が変わる場合は子どもも転校になりますし、苗字が変わることもあります。そうしたことは、人間関係のリスタートでもある新学期が望ましいのではないでしょうか。また、仕事をしている人は職場への報告も年度内に済ませておいたほうが、新年度を迎えやすいと思います」

縁あって連れ添ってきた夫婦でも、離婚においては現実を見据えて準備をすることも必要。3月に離婚が多い背景には、暮らしへの影響度もふくめて夫婦のそれぞれの思惑があるのかもしれませんね。

取材協力
・夫婦問題研究家 岡野あつこさん
●参考
・厚生労働省 平成27年(2015)人口動態統計の年間推計
・厚生労働省 平成21年度「離婚に関する統計」

(文:末吉 陽子)

SUUMOジャーナルの関連記事
“食洗機 今後も利用したい”は5割以下。その不満点とは?
住宅ローンは「マイナス金利」になるのか?
三角コーナーとおさらば! ディスポーザーって便利なの?

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング