日本人は「窓」を軽く考えすぎている

節約優先で「健康で快適」が置いてけぼり?

「窓」を軽く考えてはいませんか?(写真:UYORI / PIXTA)

暖冬と言われていても、やはり1〜2月は寒い日が多い。4月からの電力自由化で少しは光熱費が節約できるのかな……と思っている人にひとつだけアドバイスを。電力会社を選ぶのもいいが、窓を変えることを考えよう。たったそれだけで光熱費は劇的に抑えられるから。今回は2回にわたり住宅の窓を変えることの大切さをお届けする。

ドイツで脱衣所の室温が10度台だったら離婚される!?

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

ドイツで2014年に改正された「省エネ法(EnEV2014)」。その中では家の賃貸や売買の際に「燃費」を表示することが義務づけられている。燃費とは、快適な室内にするために必要となる具体的なエネルギー消費量、つまりコストのこと。

この燃費の証明書をエネルギーパスといい、それを日本に普及しようと活動しているのが日本エネルギーパス協会だ。同協会の代表理事である今泉太爾さんにお話を伺った。

「日本の国土交通省の役人にあたるドイツ人と、仕事でよく会うのですが、彼の家では浴室や脱衣所、トイレを居室の20度より高い24度にしているそうです。居室のほうが暖かい日本とは真逆ですよね。もし日本のように、たとえば『脱衣所の温度は10数度でいいよね? なんて言ったら離婚されちゃう』と笑っていました」

なぜ、脱衣所が寒いだけで離婚問題になるのか、日本人にはよくわからないだろう。それには省エネに対する日本と欧米の考え方の違いがある。

「省エネ性能を上げると環境に優しいとか、光熱費の節約になると思う方がほとんどでしょうが、もうひとつ『健康で快適になる』ということを、多くの日本人が知らないのです」(今泉さん)

次ページ多くの日本人が健康で快適な家を知らない、理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT