[ 株式会社 共立メンテナンス ]

コーポレートスローガン刷新とコーポレートシンボル策定のお知らせ

リリース発行企業:株式会社 共立メンテナンス

株式会社 共立メンテナンスグループの新たなるブランディング発信につきまして



寮事業やホテル事業などを全国展開する株式会社共立メンテナンス
(代表取締役社長 上田卓味/本社:東京都千代田)は、
コーポレートスローガン刷新とシンボルを策定することで全事業の方向性を表現し、
今後の事業展開の推進力の更なる強化を進めてまいります。



株式会社 共立メンテナンスは、1979年創業以降、学生会館ドーミーから始まり、
寮・ビジネスホテル(ドーミーイン)・リゾートホテル(共立リゾート)の管理運営、そしてシニア事業と、
学生からシニアまでのお客さまの人生と共に歩むことを第一に、幅広く事業を展開しております。

弊社の全事業において支軸となるのは、一人ひとりのお客様に寄り添う‘わが家のようなくつろぎ’のスタンスです。
このスタンスを再認識し、お客さまに向けて我々の事業や理念を真摯に伝えていけたらと考えています。
お客さまが常に安心して寛げ、翌朝の元気を得ていただける場をご提供し続けたい、
その一心で、全従業員の指針となる新たなスローガンとシンボルを策定しましたことを、
ここにお知らせいたします。

よい朝は、よい1日をつくる。よい1日は、よい1週間になり、よい1年になり、よい一生につながる。
よい人生は、よい朝の積み重ねでできている。 「よい朝のために。」

[画像: https://prtimes.jp/i/30012/5/resize/d30012-5-446558-0.jpg ]

 

【コーポレートスローガン・コーポレートシンボルについて】

◆コーポレートスローガン『よい朝のために。』
現在まで各事業にわたり共通認識・展開してまいりました‘わが家のようなくつろぎ’のスタンスを再認識し、
弊社の全ての活動は、お客様が活力に溢れた朝をお迎えいただく為であり、‘よい朝のための活動’と定義いたします。

◆コーポレートシンボル
 新スローガン『よい朝のために。』をベースに、弊社社名と朝日が昇るイメージを取り入れたデザインです。
コミュニケーションシンボルとして使用してまいります。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?