Subscribed Tokyo 2016の模様

Subscribed Tokyo 2017

世界中で、サブスクリプション・エコノミーへのビジネスモデルの変革 が急速に拡大しています。顧客のニーズは「所有から利用へ」と変化し、「モノが売れない時代を迎えて」多くの企業でデジタル・トランスフォーメーション、AI・IoT、SaaS(Software as a Service)による新たな成長を求めて、サブスクリプションによる収益化へのシフトが始まっています。
本イベントでは、従来のビジネスモデルとは異なる サブスクリプション・ビジネスで成功するための戦略や、新しいビジネスモデルでの成功の秘訣を、各業界の先駆者による事例セッションを交えながらご紹介いたします。

開催概要

日時 11月16日(木)13:00~17:30(12:30 受付開始)
会場 赤坂インターシティコンファレンス The Air(溜池山王駅直結)地図
定員 500名
参加費 早期申込:5,000円(税込)10月31日(火)までお申込みはこちら
一般申込:8,000円(税込)11月15日(水)まで

プログラム英⇔日 同時通訳

13:00-13:10
オープニングスピーチ
桑野 順一郎

Zuora Japan株式会社
代表取締役社長

桑野 順一郎

13:10-14:00
Keynote

サブスクリプション・エコノミーによる破壊的イノベーションと成功の鍵

Tien Tzuo

Zuora Inc.
CEO

Tien Tzuo

14:00‐14:30
海外事例講演

Industrial IoT in the Subscription Economy

Gytis Barzdukas

GE Digital
Head of Product Management Predix Platform

Gytis Barzdukas

Predix Platformのプロダクトマネジメント責任者として、事業および製品の戦略開発、製品プランニング、価格設定やパッケージングなどの市場開拓戦略を担当している。顧客やパートナーと連携して製品ロードマップを推進することに責任を持ち、Predix Platformのビジョンを確かめながら、GEが業界トップのIIoTプラットフォームを開発できるよう従事している。

14:30-14:45
Break Time
コーヒーブレイク・展示
14:45-15:15
特別講演

進化するビジネスに対応する『経営とシステムの関係』とは

小日山 功

三井情報株式会社
代表取締役社長

小日山 功

15:15-15:55
スペシャルセッション

ビジネスを創造的に破壊せよ

伊藤 元重

東京大学 名誉教授
学習院大学 国際社会学部 教授

伊藤 元重

税制調査会委員、復興推進委員会委員長、経済財政諮問会議議員、社会保障制度改革推進会議委員、公正取引委員会独占禁止懇話会会長などの要職を務める。
著書に、『入門経済学』(日本評論社、1版1988年、2版2001年、3版2009年、4版2015年)、『ゼミナール国際経済入門』(日本経済新聞出版社、1版1989年、2版1996年、3版2005年)、『ビジネス・エコノミクス』(日本経済新聞出版社、2004年)、『ゼミナール現代経済入門』(日本経済新聞出版社、2011年)など多数。

15:55-16:10
Break Time
ブレイク・展示
16:10-17:10
国内事例講演

サブスクリプション・ビジネスへの挑戦と成功の条件

赤沼 浩樹

コマツ
スマートコンストラクション推進本部
システム開発部 部長

赤沼 浩樹

堀場 一弘

株式会社リコー
オフィスサービス開発本部
Smart Integration
プロジェクトマネージャ

堀場 一弘

佐々木 大輔

freee株式会社
創業者・代表取締役

佐々木 大輔

増山 秀信

株式会社チームスピリット
取締役副社長

増山 秀信

17:10-17:30
Subscriber Session

サブスクリプションで成功するための重要なKPI

竹内 尚志

Zuora Japan株式会社
テクノロジー&コンサルティング本部長

竹内 尚志

お申し込みについて

お申し込み方法 お申し込みフォームを受信後、請求書をご登録いただきましたご住所に順次お送りさせて頂きます。
受講票は請求書に同封をさせていただきます。
また、複数名でのお申し込みの場合は、請求書をおまとめすることも可能ですので、登録完了のメールにご返信をいただければと存じます。

※なお、受講料のお支払いに関しましては、銀行振り込みのみとなります。
現金でのお支払い、およびクレジットカード決済はお受けしておりませんのでご了承ください。

キャンセルについて お申し込み後のキャンセルは原則お受付いたしかねますので、ご出席が難しくなられました場合は、代理様のご出席をお願い申し上げます。

お問い合わせ

東洋経済新報社 コミュニケーション事業部

03-3246-5599

(土日・祝日を除く 10:00~18:00)