東洋経済の研修講座> データ分析コース

データ分析家ではなく、
データを戦略的に活用したい
実務担当者の方に

データ分析コース

仮説→分析→活用へ
実践!戦略的
データ分析活用講座

データ分析を戦略的結論にどう落とし込むか?
実務を進める起爆剤としてのデータ分析を習得し戦略への活用・意思決定に応用!

パンフレットはこちら

3日間講座:2018/2/21(水)・2/28(水)・3/7(水)

  • 豊富な演習
  • ワークショップ
  • 個別相談OK

データ分析を戦略的に活用したい方に!

  • 事業計画や提案内容の説得力を上げたい
  • 数値目標やKPI策定に際してのデータ分析手法に自信がない
  • 方法論を学ぶだけではなくアウトプットやパフォーマンスを向上させたい
  • 分析担当者の提案を判断するために、データリテラシーを身につけておきたい

企画部門・マーケティング部門・事業企画部門・商品開発部門・営業推進部門・経営管理部門 など、
部門を問わず、データ分析を企画立案や戦略・事業判断に活かしたいとお考えの方 におすすめ!

日産自動車で数々の
経営課題を解決してきた講師が、
豊富な演習で丁寧にレクチャー!

実務を戦略的に進め、競合に負けないパフォーマンスを出す上で、データ分析はもはや欠かせない分野です。しかし分析作業そのものに注目が集まることが多い中、その分析結果を戦略・実務に活用してこそ価値を生みます。当講座では、学問的な分析精度を追求することよりも、説得力ある結論を出し、相手の腹に落とすための分析活用術に重きを置いています。

講師紹介

柏木 吉基氏

データ&ストーリーLLC代表
横浜国立大学非常勤講師 
多摩大学大学院客員教授

柏木 吉基

Profile

柏木 吉基

Profile

データ&ストーリーLLC代表
横浜国立大学非常勤講師 
多摩大学大学院客員教授

柏木 吉基

慶応義塾大学理工学部卒業後、日立製作所入社。在職中に欧米両方のビジネススクールにて学びMBAを取得。Academic Award受賞。

2004年日産自動車へ転職。海外マーケティング&セールス部門、ビジネス改革グループマネージャ等を歴任。グローバル組織の中で、数々の経営課題の解決、ビジネス改革プロジェクトのパイロットを務める。

2014年独立後は、豊富な実務経験と実績に基づいたプログラムで、数多くの企業・自治体のスキル育成、パフォーマンス改善に貢献。誰もが日常業務で自律的に考え、成果を出すための思考法、分析力を分かり易く伝えた著書や講義には高い定評がある。

主な著書
『「それ、根拠あるの?」と言わせないデータ・統計分析ができる本 』(日本実業出版社)
『日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書』(日経BP社)
『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らないできる人のデータ・統計術』(ソフトバンククリエイティブ社)

お申し込みはこちら

当講座の特長

仮説構築、データ分析活用、結果・結論の見せ方といった、データを活かすために必要な一連のプロセスを網羅し、一貫した流れの中で体験・習得いただけます。
高度な統計理論や分析スキルを身につけるデータサイエンティストの養成ではなく、実務に携わる方に業務で成果につなげるためのデータリテラシーや考え方を身につけていただく講座です。
講義+演習のプログラムに続き、実践時に多くの人が悩む課題指標の設定や、要因を探り当てるためのデータの組み合わせの見つけ方などを、グループワークショップを通じて体得できます。

戦略人材に求められるデータ分析力戦略人材に求められるデータ分析力

研修効果

  • 思考習得

    データ分析や課題解決の前提となる「課題・仮説の立て方」から学習

  • 実践的活用

    ワーク実践や豊富な演習による、実務への活用のサポート

  • 戦略直結型

    分析ノウハウだけでなく、戦略的結論に落とし込む手法や提案アプローチも習得

受講者の声

  • とても分かり易く、すぐにでも実務に活かしていきたい。上司の考え方が当講座に近く、同じ目線で上司と話せる様になりました。

    商社卸売業・経営企画系

  • 体の中に入っていくような説明と内容でした。今後の実務へ活用が何らかの形でできそうです。講義時間・内容とも満足できる内容でした。

    建設業・技術系

  • 提案資料や分析資料にすぐ役立てると感じました。ワークショップが多かったので大変満足しています。

    情報システム業・マーケティング系

  • 多くの知識・気づきがあり、考えて手を動かす時間も多く、とても充実していました。

    商社卸売業・財務経理

  • チーム演習で、他社の受講者のレベルが高く、よい経験になりました。

    製造業・営業系

  • 自分の頭の固さにおどろきました。先生の指摘されていた悪い例があてはまり、改善点が多く見つかる有意義な時間となりました。

    医療福祉業・営業系

  • 目の前のデータを元に分析を始めるのではなく、仮説を立てるフレームワークをつくることの重要性が実感できました。

    商社卸売業・人事労務

  • 今回学んだ内容はKPIの設定に大いに活用できるため非常に参考になりました。

    製造業・情報システム

  • データを活かす前に論理的に考えることの重要性を痛感しました。

    コンサルティング業・マーケティング系

  • 結果と結論の違いを明確にすることを学び、ためになりました。

    小売業・人事労務

プログラム

DAY12/21 (水)

仮説

データ分析の設計図を作り上げる、
仮説立案実践

詳しくみる
データ分析にあたっては、まず何よりも仮説の立案が肝心です。ロジカルに結論を導いていくための思考法、データ分析や課題解決のベースとなる「仮説の立て方」について学びます。

13:00~
18:00

1.そもそも仮説って何が必要なの?

  • 仮説とは何で、どう実務で使われるのか
  • 仮説を適切に立てるには何が必要なのか

2.仮説前に押さえておきたい「課題定義」

  • 課題とは
  • 押さえておきたい3つの注意点

3. “分解”視点の仮説立案

  • 課題ポイントを特定するために必要な“分解”のための仮説について

4.“要因特定”の仮説立案

  • 要因を広く洗い出すための視野の広げ方について

5.実践ワークショップ 「課題分解」演習

  • チームの営業プロセスの問題点を探れ!
  • 「本」の市場を可視化せよ!

※内容や順番、時間等は一部変更となる可能性があります。特に演習テーマは一例で、変更となる場合がありますので御了承ください。

DAY22/28 (水)

分析

PCを使用した演習

実務に活かす、データ分析活用基礎

詳しくみる
DAY2では、DAY1で学んだ仮説を実際のデータ分析につなげます。様々な分析手法を場合に応じて使い分け、雑多なデータの中から新たな視点を得ること、データ分析結果と実際の成果を結びつけることなどを学びます。データ分析のやり方だけでなく、データ分析を実務に活かすための視点や考え方に比重を置いているため、目的志向のデータ分析スキルが身に付きます。

13:00~
18:00

1.「データ整理」から「データ分析」へ

  • 「データ整理」と「データ分析」の違いは?
  • 「データ分析」をするには何が必要?

2.仮説アプローチ

  • 仮説を持つことのメリットとリスクとは?
  • 仮説アプローチをうまくやるコツとは?

3.課題ポイントを特定する

  • データを分解する軸
  • データを多面的に把握・比較する

4.2つのデータから意味を見出す(相関)

  • 課題の「要因」を探り出す手法とは?

5.データの関係を数値で示す(回帰分析)

  • 分析の結果を計画や予測など具体的な数値に落とし込むには?

※内容や順番、時間等は一部変更となる可能性があります。特に演習テーマは一例で、変更となる場合がありますので御了承ください。

DAY33/7 (水)

活用・実践

分析結果・結論の見せ方+ワークショップ

詳しくみる
最終日は、分析結果をいかに自らの施策や企画・戦略へ落とし込むか、そしてその結果を共有する際に有効なアプローチについて学びます。提案の根拠や結果と結論の違いなど多くのビジネスパーソンがつまずくポイントをレクチャーします。さらに、3日間のまとめとなるワークショップを開催し、これまで学んだ知識やスキル、考え方の定着化を図ります。

13:00~
18:00

1.提案・企画のためのデータ活用
提案の結論を支える根拠を、客観的なデータによって支えるための思考とテクニック

2.分析結果・結論の効果的な見せ方

  • 結果と結論の違い
  • 相手に伝わる見せ方とは
  • 分析者から伝達者へのシフト

3.ワークショップ1(課題指標を決める)
課題を定義する適切な指標について
(グループディスカッション+発表)

  • 「若者のSNS離れ」をどう示す?
  • 「交通事故の危険度」をどう示す?

4.ワークショップ2(適切な2軸を選ぶ)
問題の要因を適切に読み解く、2軸の指標を仮説から選ぶ
(グループディスカッション+発表)

  • 交通事故が起こる要因を探れ!

※内容や順番、時間等は一部変更となる可能性があります。特に演習テーマは一例で、変更となる場合がありますので御了承ください。

開催概要

日時

2018年
2月21日・2月28日・3月7日 

各日程13:00~18:00

会場

東洋経済新報社 本社セミナールーム
(東京都中央区日本橋本石町1-2-1)

受講料

定価216,000円(税込)

受講対象

企画・事業戦略・管理(総務・人事・経理)・マーケティング・営業推進部門、
部門を問わずデータ分析を実務に活かしたいとお考えの方

※Excelで四則演算・基本的なグラフ作成(折れ線グラフ、棒グラフ、散布図)ができる方
※Excelに関数機能があることと使い方を知っている方(個別の関数そのものの知識は不要です)

【ご受講に際して】
※ご自身のノートパソコンをお持ちいただけます。(お持ちでない方は貸し出しいたします)
※コース設計上、全日程同じ方がご参加ください。(欠席される場合は、当日の配布資料をお送りいたします)

申込期限

2018年2月15日(木)

下記ご確認の上、お申し込みください。

支払い方法 請求書払いのみ承ります。申込確認後、ご登録いただいたご住所宛に請求書を郵送いたします。 期日までに必ずお振込をお願いいたします。ご入金が確認できない場合はご受講をお断りする場合もございますので御了承ください。

キャンセルポリシーお申込後のキャンセルは受け付けておりませんので御了承ください。 一旦納入いただいた受講料の返金はできかねます。

その他注意事項 ・講演内容・講演者・プログラムは変更となる場合がございます。
・申込人数が開催に必要な人数に達しない場合は、やむを得ずコースを中止する場合がございますので御了承ください。
・競合サービスをご提供されている方・学習目的以外の目的と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。

社員育成をお考えの
部門長さま、人事部のみなさまへ

ビジネスのリアルを分析し続けてきた
東洋経済におまかせください

東洋経済新報社では10年以上にわたり、企業が直面している・近い未来に直面するであろう、旬なテーマのフォーラムを開催してきました。その豊富な実績を活かし、企業の課題をより深掘りした研修講座を開講いたします。理想論で終わらないリアルな課題の解決、その日限りにさせない実行への道筋、そして、応用力のある戦略的思考ができる人材の育成という、3つの特長を軸に、みなさまの企業における人材育成を丁寧にサポートさせていただきます。
また、東洋経済では、各企業様におけるカスタマイズ研修も承っております。部署全体でのご受講や、自社に最適化した形の研修をご検討されていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

東洋経済のカスタマイズ研修

  • もっと自社の課題にフォーカスした研修がしたい
  • 社内で、部署全員で受講させたい
  • ポイントを絞った人材研修を実施したい