関田 真也(せきた しんや) Shinya Sekita
東洋経済オンライン編集部

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。一橋大学大学院法学研究科法務専攻修了。教育事業会社の出版グループで編集業務に従事したのち、法律的なテーマに特化した取材・執筆を行い、インターネットメディアを中心に複数の媒体に寄稿。2015年司法試験合格。同年11月より東洋経済オンライン編集部に所属。連載として「奨学金制度はどうあるべきか」「『日本型雇用』の現実と未来」。特定の担当業界を持たず、社会問題から企業、行政まで幅広く取材している。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。