田坂 広志
田坂 広志(たさか ひろし) Tasaka Hiroshi
世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Agenda Councilメンバー
1951年 生まれ
1974年 東京大学工学部卒業。
1981年 東京大学大学院修了。工学博士(原子力工学)。同年、民間企業入社。
1987年 米国シンクタンクBattelle Memorial Institute客員研究員。
1987年 米国Pacific Northwest National Laboratories客員研究員。
1990年 日本総合研究所の設立に参画。取締役・創発戦略センター所長等を歴任。現在、同研究所フェロー。
2000年 多摩大学大学院教授に就任。社会起業家論を開講。
2000年 21世紀の社会システムのパラダイム転換をめざす、シンクタンク・ソフィアバンクを設立。代表に就任。
2003年 社会起業家の育成・支援を行う、社会起業家フォーラムを設立。代表に就任。
2005年 米国Japan Societyより、US-Japan Innovatorsに選ばれる。
2008年 ダボス会議を主催するWorld Economic ForumのGlobal Agenda Councilのメンバーに就任。
2009年 この年より、TEDsterとしてTED会議に毎年参加。
2010年 4人のノーベル平和賞受賞者が名誉会員を務める世界賢人会議Club of Budapestの日本代表に就任。
2011年 東日本大震災と福島原発事故の発生に伴い、内閣官房参与に就任。総理大臣の特別顧問として、原発事故対策、原子力行政改革、エネルギー政策転換に取り組む。
2012年 民主主義の進化と深化をめざす、デモクラシー2.0イニシアティブの運動を開始。代表発起人に就任。
2013年 経営者やリーダーが「変革の知性」を学ぶ場、「田坂塾」を開塾。
※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サイゼリヤ 外食を科学する

低価格メニューを貫き、好調な業績を維持している外食チェーンのサイゼリヤ。その背景には、創業時からの科学的経営の積み重ねがある。ユニークな具体例とともに、M&A構想を紹介。