海部 陽介
海部 陽介(かいふ ようすけ) Yosuke Kaihu
国立科学博物館・人類史研究グループ長

人類進化学者。1969年東京都生まれ。東京大学理学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。理学博士。1995年より国立科学博物館に勤務し、現在は人類史研究グループ長。人類がアジアに拡散していった過程について、遺跡や人類学・科学分析から検討し、日本に辿り着いた祖先についてまったく新しい仮説を提示した『日本人はどこから来たのか?』(文藝春秋)がベストセラーに。その実証実験として、実際に古代舟をつくって台湾から琉球列島への航海を行う「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」を今夏、与那国島~西表島間で開始し話題を呼ぶ。国立科学博物館で現在開催中の「ラスコー展」(~2017年2月19日)の監修を務める

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。