河村 和徳(かわむら かずのり)
東北大学大学院情報科学研究科准教授

1971年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。専門は政治過程論、地方政治論。慶應義塾大学法学部専任講師(有期)、金沢大学法学部助教授を経て、現職。著書に『現代日本の地方選挙と住民意識』(慶應義塾大学出版会)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。