榊原 英資(さかきばら えいすけ) Eisuke Sakakibara
青山学院大学特別招聘教授

1941年生まれ。東京大学経済学部卒業。大蔵省入省後、ミシガン大学で経済学博士号取得。IMFエコノミスト、ハーバード大学客員准教授、大蔵省国際金融局長、同財務官を歴任する。為替・金融制度改革に尽力し、「ミスター円」と呼ばれる。

1999年に退官後、慶應義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、現在、青山学院大学特別招聘教授、一般財団法人インド経済研究所理事長。『榊原英資 インド巨大市場を読みとく』(共著)、『幼児化する日本社会』(以上、東洋経済新報社)、『国家の成熟』(新潮社)など著書多数。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。