松井 忠三(まつい ただみつ)
良品計画前会長

1949年、静岡県生まれ。株式会社良品計画 前会長。株式会社松井オフィス社長。

73年、東京教育大学(現・筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(現・西友)入社。92年良品計画へ。総務人事部長、無印良品事業部長を経て、2001年社長に就任。赤字状態の組織を“風土”から改革し、業績のV字回復・右肩上がりの成長に向け尽力。07年には過去最高売上高(当時)となる1620億円を達成した。08年より会長、15年に退任。

著書に、最新刊『無印良品が、世界でも勝てる理由』のほか、『無印良品は、仕組みが9割』『無印良品の、人の育て方』『図解 無印良品は、仕組みが9割』(以上、KADOKAWA刊)、『覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる』(サンマーク出版)がある。
 

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。