本田 直之(ほんだ・なおゆき)

シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてジャスダック上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果を上げるためのレバレッジ・マネジメントのアドバイスを行う。東京、ハワイに拠点を構え、一年の半分をハワイで生活するデュアルライフを送っている。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『ノマドライフ』(朝日新聞出版)、『LESS IS MORE』(ダイヤモンド社)、『本田直之のハワイを極める50の法則』(エイ出版社)、『リーディング3.0』(東洋経済新報社)など多数。サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)、明治大学商学部産業経営学科卒業。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。経営者を中心としたトライアスロンチーム、Team Alapaを主宰する。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。