川下 和彦
川下 和彦(かわした かずひこ) Kazuhiko Kawasita
ライター

1974年兵庫県生まれ。広告代理店 プロデューサー兼ディレクター。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2000年総合広告会社入社。マーケティング部門、PR部門を経て、ジャンルを超えた企画と実施を担当。2014年会社をはじめとする組織を使って「勤力(=仕事ができる力)」を鍛える「勤力トレーニングプログラム」を開発。著書に『勤力を鍛えるトレーニング』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。現業の傍ら、タフなビジネスパーソン育成を志す。座右の銘は、「変人であれ、不良であれ」。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。