崎谷 武彦(さきたに たけひこ) Takehiko Sakitani
フリーライター

1952年、東京都出身。出版社、編集制作会社勤務を経て、1984年からフリーランスライターとして活動し、雑誌、パンフレット、会社案内などの記事を執筆。主な執筆媒体は、週刊東洋経済(記事広告)、ハリマクオータリー(ハリマ化成PR誌)。社史は、オイレス工業、月島機械、オスコ産業、TDK、北電子、キハラなど。個人史では、政策研究大学院大学元学長の吉村融氏の「政策研究の地平へ GRIPSの挑戦」、畠山保雄弁護士の「弁護士五十余年史」を執筆。著書に「やったらできた在宅ホスピス」(保健同人社)

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。