土橋 正(つちはし ただし) Tadashi Tsuchihashi
ステーショナリーディレクター、文具コンサルタント

ステーショナリーディレクター、文具コンサルタント。

文具の展示会ISOT事務局を経て、土橋正事務所を設立。商品企画や商品PRのコンサルティング、文具売り場のプロデュース、商品セレクト、ディレクションなどを行っている。また、文具ウェブマガジン「pen-info」の発行をはじめ、雑誌・新聞への寄稿多数。これまでに書いてきた文具コラムの数は948本にのぼる。日本経済新聞の新製品評価委員、生活総合情報サイト「All About」のステーショナリーガイドも務める。

著書に『仕事文具』『モノが少ないと快適に働ける』(ともに東洋経済新報社)、『文具の流儀』『文具上手』『仕事にすぐ効く魔法の文房具』(いずれも東京書籍)、『やっぱり欲しい文房具』(技術評論社)、『ステーショナリーハック! 』(共著、マガジンハウス)、『文房具のやすみじかん』(共著、福音館書店)がある。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。