加藤 廣(かとう ひろし) Hiroshi Kato
小説家

昭和5年(1930)東京生まれ。東京大学法学部卒業。中小企業金融公庫に入庫し、貸付・審査関係を経て山形支店長、京都支店長、調査部長などを歴任。51歳で退職後、山一證券経済研究所顧問、埼玉大学経済学部講師などを務める。経営コンサルタントとして中小企業の育成にも奔走.

平成17年(2005)に作家デビュー。デビュー作となる小説『信長の棺』は、当時の小泉純一郎総理が愛読書として挙げたこともあり大ベストセラーに。『秀吉の枷』『明智左馬助の恋』と合わせた本能寺三部作は、合計200万部を超す名作として多くの読者の支持を受けている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。