加藤 庸二(かとう ようじ) Yoji Kato
フォトジャーナリスト

写真家。島のスペシャリスト。大学在学中からドキュメンタリー映画制作会社、水中撮影のプロダクション、出版社勤務を経て撮影活動に入る。1980年、29歳でフォトグラファーとして独立し、加藤庸二写真事務所を開設。その後、編集人とダイビングフォトグラファーとしてダイビング雑誌『ダイバー』に参加する。1988年、写真撮影・映像制作・出版企画、フォトライブラリーの株式会社ワイドビジョンを設立。島と海洋分野を中心に取材執筆活動をおこなう。同時に辺境地などの自然、民俗、伝統、食文化にいたる幅広い分野で取材活動を展開。とりわけ 「島」 をテーマとする分野では、国内の上陸可能な有人島すべてを踏破した島のスペシャリスト。1951年生まれ。東京都出身。明治大学卒。日本写真家協会会員。主な著作に『島へ』(講談社、1996年)、『原色日本島図鑑』(新星出版、2010年)、『原色ニッポン南の島大図鑑』(CCCメディアハウス、2012年)、『日本百名島の旅』(実業之日本社、2013年)、『島の博物事典』(成山堂書店、2015年)ほか。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。