佐々木 聡
明治大学経営学部・大学院経営学研究科教授

1957年,青森市生まれ。博士(経営学)。1981年,学習院大学経済学部卒業。明治大学大学院経営学研究科博士後期課程,静岡県立大学経営情報学部助教授を経て現職。専門は日本経営史、日本企業者史、日本流通史、生産管理史。著書は『科学的管理法の日本的展開』(1998年,有斐閣)、『日本的流通の経営史』(2007年,有斐閣)、『暮らしを変えた美容と衛生』(2009年,芙蓉書房出版)、『日本の企業家群像Ⅲ』(2011年,丸善出版)、『地域卸売企業ダイカの展開』(2015年,ミネルヴァ書房)ほか多数
 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。