亀田 潤一郎(かめだ じゅんいちろう) Junichiro Kameda
資金繰り改善コンサルタント/税理士

1967年神奈川県生まれ。大学卒業後、大原簿記学校税理士科講師、経営コンサルティング会社、公認会計士事務所を経て2003年5月に税理士開業。税務のみならず、中小企業の「資金繰り改善コンサルタント」として、とくに数字に苦手意識を抱く経営者向けに4冊の預金通帳のみで資金繰りを良くする「1・3」フォーメーションを開発、指導。シンプルでありながら、お金のコントロール方法と予算管理の実践的な知恵が身に付くと好評を博し、導入後3カ月以内に実施するアンケートでは90%超の顧問先から「導入前に比べ大幅に資金繰りが改善している」との回答を得ている。著書に『通帳は4つに分けなさい~資金繰り上手の社長が使っている究極のお金管理法』(経済界)、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(サンマーク出版)など。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。