三戸 政和(みと まさかず) Masakazu Mito
日本創生投資 社長

1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資を行う。2011年兵庫県議会議員として行政改革を進め、2014年加古川市長選挙に出馬するも落選。2014年ロンドンにてTajimaya UKを立ち上げ、神戸ビーフを欧州全域へ販売するネットワークを構築し、社員へ事業譲渡。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設。中小企業(年商30億円未満程度)に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行なっている。事業再生支援の会社である株式会社中小事業活性の代表取締役副社長も務め、中小企業の経営改革や事業の借入金、事業承継(M&A)に関するコンサルティング業務を行なっている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。