乃木坂46、女性アイドルの頂点に立った必然

あのAKB48とどう差別化し、のしあがったか

そこで2014年から「アンダーライブ」というライブ活動を始めたところ、徐々にファンの間で応援する機運が盛り上がっていく。2016年には、4~9月に東北・中国地方のツアーもこなして、アンダーも動員力の手ごたえをつかんだ。

年末恒例、日本武道館でのクリスマスライブ「Merry X'mas Show 2016」(各公演1万2000人)では、選抜が単独公演2日間なのに対してアンダーが同じく単独公演2日間と、集客でも互角の力量を見せつけている。しかも、女性を含むライトなファン層がかなり含まれている選抜と違って、男性ファンが圧倒的に多いアンダーのライブの熱気は、明らかに選抜を凌駕していたのである。

「美」の追求は、従来のアイドルにはない乃木坂46の最大の特徴かもしれないが、同時にその一点への収斂は、魅力の幅を狭めてしまう危険性もはらむ。AKB48はバラエティを含めメンバー個々の活動範囲が広い。もっとも乃木坂46は、いつの間にか新たな魅力を胚胎し、成長させていた。

天下を獲り、どこまで成長するのか

アンダーのセンター、寺田蘭世(中央)は、年末の武道館ライブでモハメド・アリの言葉を引用しながら、アンダーの第2章を作ると誓った(ソニーミュージック提供)

「実は(選抜とアンダーの違った魅力という)二重構造があるので、ミリオン達成もできたのだと思っています。乃木坂46には奥行きがすさまじくある。アンダーを見てもらえれば、乃木坂が何でこんなに人気があるのか、たぶん理解してもらえると思います」(同)。

ライブ活動の締めくくりでもある、クリスマスライブの千秋楽は、選抜ではなくアンダーに託された。選抜のライブでは見られなかった”ダブル・アンコール”が沸き起こり、ファンのアンダーメンバーに対する思いの強さが存分に証明された格好だった。

終演後の関係者向けあいさつで、あるソニーミュージック幹部は、「この子たちが選抜の尻を下からひっぱたいてくれれば、まだまだ乃木坂は上に行ける」と期待をにじませた。

メディアに登場する華やかな選抜メンバーの牽引頼みでない、乃木坂46の人気と実力の底堅さを物語っている。デビュー以来、シングルCDの売上高がずっと前作を超え続けているという乃木坂46だが、まだまだ坂を登る勢いが衰えることはなさそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。