大手メーカーが駆け込む金属加工会社の秘密

精緻なものづくりに挑む"文系女子"パワー

金型レスだけではない。スマホの筐体などは材料を工作機械で削って複雑な形状に加工するが、材料の歩留まりが悪いうえ時間もかかる。井口一世ではこうして製造していた金属製品も「切削レス(切削なし)」で作ることができる。

「金型レス」「切削レス」を可能にしたのは、高精度の板金加工だ。金属の板を寸分のズレもなく、切ったり、曲げたり、穴を開けたりして加工する。素材や厚さにかかわらず「寸分のズレもなく」というのが井口一世ならではだ。本来、職人の勘や経験によるところだった暗黙知をすべて数値化し、独自にデータベース化。それを欧州で買い付けた最新鋭の機械に組み込んでいる。

井口社長は会議室の中央に置かれたテーブルを見ながらこう説明する。「このくらいのテーブルを作るのに、最新鋭の機械を使ってもおそらく30μくらいの誤差は出る。通常の板金加工ならその10~100倍のズレが生じるだろう。でもうちの機械を使えば、ほとんど誤差は出ない」。

社名「井口一世」の由来とは

井口一世社長。深刻な話もジョークを交えて軽妙に語る。複数の社員から「細やかな気遣いができる人」との評があった

23歳のときに父親が急逝、家業の金型プレス業を継いだ井口社長。ところが当時、国内の金型業界は人件費の安い海外へのシフトが進み、空洞化が進んでいた。このままでは生き残れない。そんなときに行き着いたのが、「金型を使わないものづくり」というまったく反対のアイデアだった。

学生時代からコンピュータが好きで、プログラミングの知識もあった。欧州製の高性能なマシンにITを融合させることで、それが実現できる。2001年に家業を廃業。工場と自宅を売って集めた2億円で機械を購入し、背水の陣を張った。社名の「井口一世」に込められたのは、そのときの覚悟と自信だ。

業界常識を覆す発想とまったく新しい技術――。最初はなかなか信用されなかった。だが、いったん理解を得られればこっちのものだ。ビジネスコンテストの受賞なども重なり、顧客は次々と増えていった。

現在の場所に移転したのは今から約5年前。「うちは製造業というよりIT業です」と井口社長。

「かつての技術者はその人の腕がものをいったが、これからの技術者はビッグデータを解析できる人。優れた技術者はデータサイエンティストでなければいけない」

工場では金属から火花や削りクズが散ることもなければ、油のにおいもいっさいしない。白を貴重としたインテリアの清潔感あふれるオフィスも、従来の製造業のイメージとはほど遠い。「誰もがあこがれるかっこいい製造業にしたかった」との思いがあったからだ。

井口一世にはもっと「製造業」のイメージを覆す事実がある。社員の約8割が女性なのだ。しかも、大半は文系学部出身だ。

次ページ銀座に工場を作りたい理由とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?