世界がわかる理系の名著 鎌田浩毅著

世界がわかる理系の名著 鎌田浩毅著

知っているようで実はよく知らないというのが古典作品の常。本書はダーウィンの『種の起源』、ガリレイ『星界の報告』、カーソン『沈黙の春』、アインシュタインの『相対性理論』等、19~20世紀にかけて人類の価値観を根底から覆し、現代文明の基礎を成した科学者たちの古典的名著14作品を取り上げ、その歴史的な位置づけ、科学史及び思想史上の意義をわかりやすく解説する。それぞれの流れを汲む現代の科学書も簡単に紹介。

著者は京大教授で、地球科学が専門。社会の圧力に抗して新しい科学を創造していった科学者、それを支えた理解者たちのエピソードをまじえながら、科学のおもしろさ、現代人が学ぶべきことを教える。

文春新書 788円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。