世界初!フィンランド「交通革命」の潜在力

官も民も総動員、欧州全土にトレンド波及

フィンランドが、世界初の試みとなるモビリティサービスに挑んでいます

私たちは個人で保有する自動車や自転車をはじめ、電車、バス、タクシーなど、さまざまな手段を駆使して、日常のモビリティを確保してきた。

近年、「Uber(ウーバー)」に代表される、オンデマンド型の配車プラットフォームや、ニューヨークの「Citi Bike(シティバイク)」のようなバイクシェアリングサービスなど、その手段はますます多様化。

しかし、それぞれの交通インフラや旅客輸送サービスが十分に連携していないため、利用者のニーズを常に満たしているとはいえないのが現状だ。

世界初の「モビリティのサービス化」に着手

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

世界で初めて、北欧フィンランドが構築をすすめているのが、モビリティをサービスとして「ワンストップ」で提供するプラットフォーム「MaaS(Mobility-as-a-service、サービスとしてのモビリティ)」。

このプロジェクトには、フィンランド技術庁(Tekes)と運輸通産省が助成し、フィンランドの首都ヘルシンキの公共機関HSL、フィンランド南部のタンペレ市、大手通信機器メーカーEricsson(エリクソン)やSiemens(シーメンス)、オンデマンド型配車プラットフォームを運営するUberなど、官民や新旧の垣根を超え多様な組織・企業が参加している。

次ページ「MaaS」で何が可能になる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。