富士山観光争奪戦、静岡が山梨に大敗のワケ

水と油の思惑がもたらした、大きな格差

山梨県と静岡県で繰り広げられる、富士山を巡る攻防に動きが?(写真:Oi / PIXTA)

2015年11月21日、インドネシアの首都ジャカルタ。高級ショッピングモール「セントラル・パークモール」にて、現地市民の日本旅行を促すための「ジャパン・トラベルフェア」が開催された。

このイベントには日系旅行業者や日本の各自治体観光局がブースを出し、「おらが町」の魅力を大々的にアピールした。

その中でも突出した存在感を発揮したのが、甲府市のブースだった。

甲府市、というより山梨県下の自治体は、外国人旅客の誘致に熱心だ。山梨にはまず富士山があり、それに伴う自然があり、特産物もある。そのPR活動は、まさに官民合わせた一大事業となっている。

だがそれは、隣接する静岡県との「富士山戦争」を再燃させるものだった。

両県の明暗、富士山頂の行政区域はどこ?

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

富士山頂の行政区域はどこなのか。実はこの問題は、未だ決着がついていない。公式には「境界未定地」となっているのだ。

これは日本独特の「和を以て貴しとなす」発想によるもの、ではない。両県の住民感情に配慮した結果だ。日本の象徴である富士山は、そうであるが故に「山頂をどこの行政区にするのか」を決めることができないのだ。

たとえば去年、国土地理院製作の電子地図が山梨県で問題になった。富士山頂の住所が「静岡県富士宮市」になっていたからだ。これに対して、山梨県の横内正明知事(当時)が、地理院への抗議とも取れる声明を発表している。

次ページ静岡の「強み」が、観光客誘致では「弱み」に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。