現代病「スマホ依存症」が招く、さらに深い闇

脱却のための「珍妙なガジェット」も登場

「スマホ依存症」になっていませんか?(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

もはや人の姿は、スマートフォン(以下、スマホ)を手にして完成する、と言ってもよさそうなほど、誰も彼もがスマホを手にしている。

総務省の調査では、すでに60%超がスマホを所有しており、20代に至ってはなんと94%がスマホを持っているという。

「スマホ依存症」の傾向は全体の8割に!

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

何しろスマホは、できることが多彩だ。さまざまな調べ物がこれ1台で賄えるし、SNSやメールなどで人々がつながり合っている(あるいはそんな気持ちでいられる)。おまけにゲームで遊べるし、写真や動画も撮れる。音楽や映像も鑑賞できれば買い物もできる。

そして何よりも、これだけの機能を持ち歩けるのだ。もはや便利すぎてこれがなければ暮らしていけない、という気持ちになるのは当たり前すぎるかもしれない。

そして、よほど冷静で自制心がなければ、「スマホ依存症」への道を、まっしぐらなはずである。MMD研究所という調査機関のアンケートによれば、スマホを持っている15歳~59歳の男女の内「(スマホに)かなり依存している」と「やや依存している」の合計は、全体の8割を超えたと言う。

つまり、スマホを持っている人のほとんどが、スマホに依存しているという自覚を持っているのだ。この傾向は20代ではさらに強まるという。

次ページ「依存のままでかまわない」と考える人々
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。