《NEWS@もっと!関西》なにわの型破りITベンチャー「フェンリル」
残業ゼロ、休暇タップリでも躍進中!

《NEWS@もっと!関西》なにわの型破りITベンチャー「フェンリル」
残業ゼロ、休暇タップリでも躍進中!

きっかり18時。全社員が一人残らずオフィスから締め出された。

12月19日、大阪市に本社オフィスを構える「フェンリル」は早くもこの日が仕事納め。「自分自身は背伸びせずに、今あることをすべて楽しもう」。夕方17時30分過ぎに柏木泰幸社長が35名の社員の前でそう語った後、定時である18時には室内の明かりが消された。同社はこの日から16日間にもわたる年末・年始休暇に入った。

インターネットを閲覧するためのソフトウェア(Webブラウザ)を開発するフェンリルは、学生時代から画像加工ソフトなどを手がけていた柏木社長が2005年に創業したITベンチャーだ。機能追加やデザイン変更などを、ユーザーの好みどおりに設定できる主力ソフト「Sleipnir(スレイプニル)」は、そのカスタマイズ性能の高さがPC上級者に支持されている。今や国内シェアは5.3%と「Internet Explorer」、「Fire fox」についで3位に食い込んでいる(アスキー・メディアワークス調べ)。

急成長中のフェンリルは、一風変わった経営方針を掲げている。

ITベンチャーは残業が恒常化している、というのが一般的な見方だ。だが、同社は社員にまったく残業をさせない。「18時から5分後には、オフィスのカギが閉まります」(社長室長の橋本進一郎氏)。

休暇も充実している。夏季や年末・年始の長期休暇を含めて年間134日の休日を確保し、さらにこれに有給休暇(20日間)が加わる。開発主体の企業のため、取引先との営業面などの交渉が少ないこともあるが、柏木社長が経営思想の軸に「個人の成長」を掲げており、社員のプライベート時間の充実を重要視しているためだ。

もちろん、社員は就業時間中の集中力を求められる。「業務がラクという感覚はまったくありません。必死です」と事業部の坪内陽祐マネージャー。実際、オフィス内を覗くと、PC画面に食い入るようにして作業に没頭する社員が多く、室内にはピンとした空気が張り詰めている。

フェンリルはビジネスモデルもユニークだ。無償でダウンロードできるソフトが主体のため、ソフト販売で収益をあげているのではない。アフィリエイト(ネットユーザーが広告掲載者のサイトを経由して広告主の商品を購入すれば、広告主から広告掲載者に手数料が支払われる仕組み)を採用している企業と手を組むことで報酬を得ている。たとえば検索エンジン会社のグーグルとは、ユーザーがフェンリルのWebブラウザ上でグーグルのスポンサーリンクをクリックすれば、そのクリックごとにフェンリルに報酬が入る契約になっている。

柏木社長は弱冠27歳。茶髪にジーンズ姿で「社長に見えないでしょう」と笑う。インタビューの写真掲載がいっさいNGなど、けっして人前に出たがらない。ベンチャー企業の社長としては珍しい、と言えるだろう。過去には開発したソフトのソースコードを盗まれた挫折もあり、そういった経験を糧にして、経営に邁進している。

業績は順調で、05年度から07年度まで売上高、利益ともに年々倍増しているという。Webブラウザの開発競争が激化している昨今、「風変わり」な大阪ITベンチャーの行方がおもしろそうだ。
(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。