1884人は予定の2倍、リクシルが国内を抜本リストラ

1884人は予定の2倍、リクシルが国内を抜本リストラ

トステムとINAXが2001年に経営統合して発足した旧・住生活グループ。2012年に、その名をLIXIL(リクシル)グループに変え、テレビCMをはじめとして積極的なブランド認知活動に取り組んでいる。そのLIXILが大規模なリストラを進めている。

LIXILグループは9月4日、8月31日までを期間としていた希望退職者の募集結果を発表した。9月4日時点の応募人数は1884人。予定した900人のほぼ倍の規模に達した。

対象はLIXIL単体正社員(1700人)を含めたグループ社員2万3000人だが、そのほぼ8%に相当する人数という。単体、グループの内訳は開示していない。退職日は10月25日で、退職者には割増退職金の上乗せと希望者には再就職支援も行う。「予定以上の人員の退職による営業・生産活動への大きな影響はない」(同社)、としている。

LIXILグループは、国内だけみてもトステム時代の鈴木シャッター工業、東洋エクステリア、統合後のサンウエーブ工業、新日軽、川島織物セルコン、ハイビックなど、相次ぐ買収をテコに事業規模を拡大してきた。国内事業については、重複する製造拠点やショールームの統廃合などを順次進めてきたが、今回、構造改革の一環として大規模な希望退職者の募集に踏み切った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。