幸之助が強調した「ゼロから発想する勇気」

今あるものに継ぎ足そうとするな

松下が改革をするにあたって語っていたこととは(写真:UYORI / PIXTA)

不況のときに松下幸之助がいつも言っていたのは、「風が吹くときは絶好や。凧がようあがる」ということであった。つまり景気の悪いときにこそ改善、改革はやりやすいということである。

その改善、改革をするにあたっては、「今あるものに継ぎ足すな。今あるものをゼロにして、どうするかを考えよ」と強調した。

ゼロから発想すれば安く出来る

この連載の過去記事はこちら

昭和初期に松下電器が作ったアイロンは、それまでの炭を入れるアイロンに比べて非常に便利だったが、当時のおカネで5円という高額のため、一般庶民には手が出なかった。

そのとき、安ければ必ず売れると判断した松下は、今あるアイロンを見て新しいアイロンを考えるのではなく、ゼロから考えて新しい製品を作るように指示を出す。そして3円のアイロンが出来上がった。

同じような例がたくさんある。昭和36年ごろ、横浜にあった松下通信工業はカーラジオをトヨタ自動車に納めていた。あるときトヨタから即刻5%値段を引き下げて、向こう半年間でさらに15%下げ、合計20%値引きしてくれという申し入れがきた。貿易の自由化に直面し、アメリカなど海外の自動車と太刀打ちするには、もっと値段を引き下げなければならない。それに協力してほしいのだという。

事業部は困り果ててしまう。3%しか利益がないのに、20%も値引きをすればたいへんな赤字になるからだ。

これに松下は、どう応じたか。

次ページ松下が社員に言ったこととは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。