松下幸之助は発明王エジソンを尊敬していた

働かなければ遊ぶこともできない

遊びと仕事、どちらが大事か(写真 : brendel / PIXTA)

ある若手の経営者が松下幸之助のもとに話をしに来たときのことである。

その人が熱心に、日本人は働きすぎる、今まではそれでもよかったけれど、これからもあまり働いていると、世界中から批判されるようになる。だから、できるだけ遊ぶように心掛けるべきだ、というような話をしたらしい。

その客が帰ったあと、松下は次のように私に語った。

働かなければ遊ぶこともできない

この連載の過去記事はこちら

「あんたも遊ばないとあきませんよ、趣味はなんだすか、と聞かれた。趣味といっても、わしにはこれといって何もないわな。仕方ないから、趣味は仕事ですなあと答えたんや。そしたら、人間は人生を楽しむために生まれてきたんやから、そのために仕事をやっておるんだから、仕事ばかりということはいけません、と。そんなことを話して帰っていったわ。

そういう考え方にも一理あるな。けど、遊ぶことが大事で、働くことは二の次だという言い方は、どんなもんやろうかな。やはり、まず働くことの大切さを考えておかんといかんな。働くことが先でないと、おカネもないから、きみ、遊ぶこともできんやないか」

趣味に生きるのだという人ならば、遊びが先でもいい。しかし、成功を目指すというのならば、まず働いて、次に蓄えて、それから遊ぶ。それが考え方の順番である。ほかの方法などあるわけがない。

次ページ誰が「遊びが大切」と言っているのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。