物語コーポレーション、風評被害をはねのけ、食べ放題が絶好調。「焼き肉きんぐ」の強さとは?

物語コーポレーション、風評被害をはねのけ、食べ放題が絶好調。「焼き肉きんぐ」の強さとは?

焼き肉業界はこの1年間、深刻な客離れに悩まされていた。昨年4月に起きたユッケ食中毒事件に加え、7月には牛肉のセシウム汚染問題も浮上、赤字に転落するチェーンも現れたほどだ。

だが、物語コーポレーションは別格だった。他社の既存店売上高が大幅な前年割れに沈む中、同社は食べ放題の集客力を武器に、早々に前年実績を回復(左ページ図)し、好調ぶりを見せつけた。

同社は1949年に愛知県豊橋市でおでん屋として創業。95年には焼き肉業態の1号店をオープンさせた。それ以降、名古屋を地盤に、郊外の主要幹線道路沿いに「焼き肉きんぐ」「一番かるび」などの焼き肉店やお好み焼き店、「丸源ラーメン」などのラーメン店を展開し、急成長を遂げている。

前2012年6月期は焼き肉業態の好調で最高益を更新する見込み。今13年6月期も2ケタ増益で、連続最高益更新の見通しだ。

■客単価が高水準 リピーターも増加

主力の焼き肉きんぐは、07年3月に焼き肉店のテコ入れ策として開発された食べ放題の業態。牛肉だけでなく、豚肉や鶏肉、海鮮焼き、冷麺、うどん、ビビンバといった幅広いメニューが自慢だ。

バイキングではなく、客がテーブルに置かれたタッチパネルで注文する形を採っており、2480円で58品目、2980円で100品、3480円で120品目が食べ放題(各100分間)となる。「これまでの食べ放題はおいしくないというイメージがあったが、焼き肉きんぐは品質も高い」と、加治幸夫社長は胸を張る。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。