デジカメ時代に人気のインスタントカメラ

デジカメ時代に人気のインスタントカメラ

デジタルカメラ全盛の時代の中、往年のインスタントフィルムが脚光を浴びている。

1997年のピーク時比で約4%の生産規模まで縮小したフィルム。愛好者の多かった蘭ポラロイド社もインスタントカメラとフィルム生産から2008年2月に撤退した。

「インポッシブル・プロジェクト」と称された計画が始まったのは同年10月のこと。ポラロイド社の元工場長らがオランダでインポッシブル社を設立。ポラロイド社の機材を買い取り、フィルム生産を復活させた。

インポッシブル社の東京支社は、10種類以上のフィルムと中古のポラロイド社製カメラを直販するほか、カメラ専門店や雑貨店、ネットへ販路を広げている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。